画期的な注文住宅とは

家族が住みやすい形を実現

思い通りに建てることができるのが注文住宅のいいところ。見た目も大切ですが、やはり暮らしやすいかどうかが一番のポイントです。そこで住みやすくなる画期的なアイディアを見てみましょう。
小さな子供が二人以上いる家庭におすすめなのが、間仕切りができる子ども部屋です。建てた段階ではドアを複数備えた広いスペースで、成長に応じて部屋を分けることができると言う仕組み。子どもが小さいうちは広い遊び場として活用することができ、成長すれば個室として利用できます。
小さい子どもはもちろん、アウトドアによく行くという家庭にもってこいなのが、玄関に納屋を作ると言うアイディア。ベビーカーやアウトドア用品を、帰ってすぐ、靴を脱がずに収納することができます。

image

暮らし方に合った機能を


家事の手間を省くには、動線を考えるのが最も大切。スムーズに家事を行いたいと言う家庭人におすすめなのが、キッチンに勝手口を作ると言う方法です。外にゴミ箱を設置しておけばスムーズなゴミ出しが可能になり、バルコニーや庭につなげれば料理をしながら洗濯物が干せます。また駐車場から近い場所に作っておけば、重いものを買ってきたときに直接キッチンに運び込むこともできます。
リビングルームのスキップフロアは、段差を作ることで間仕切りを置かずに空間を分けることができるデザインです。空間を広く見せられる利点もあります。スキップフロアが本領を発揮するのは来客が多いとき。椅子の数が足りなくなっても、段差をベンチのように使うことができるので、来客が多い家庭におすすめです。

10坪しか土地がなくても狭小住宅ならば、戸建て住宅を持つことも可能です。シンプルに工夫されたおしゃれな事例がたくさんあります。